読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カムの徒然なるままに

好きなものを好きなだけ

どこからが浮気?

 

  そもそも浮気とは何なのか?不倫とどう違うのか。そういった所から今日は話していきたいと思う。

 

  まず、浮気。言葉の意味としては「定まった人がいながら、他の異性と関係を持ってしまうこと」そして、不倫は「男女の関係が人の道を外れること」とされています。

  一般的には浮気は未婚者、不倫は片方または両方が既婚者とされていますが、これは間違いですね。正しくは、浮気は未婚者も既婚者も含めて他の異性と関係があることで、不倫は片方または両方が既婚者で配偶者以外との関係を持つ際に用いられます。

 

  では、この二つの境界線はどうなのか?実を言うと法的な観点から言わせてもらうと浮気や不倫という言葉は用いないのだ。不貞行為、つまり肉体関係があったかどうかなのだ。そして、驚くことに不貞行為に手を繋ぐやキスは入らないのである。

 

  以上の話を聞いていると「なら、キスやハグしても問題にならないじゃん」となるが、不貞行為に入らないからといって、離婚は成立しないと言うとそうではないので注意をして欲しい。

 

  結局の所、個人がどこまで許容するかがこの質問に対しての答えになる。不貞行為をしていても許す者はいるだろうし、はたまた男女二人きりで居る事が許されない者もいるだろう。

 

  さて、ここまで読んでくれた皆に私は問いたい事がある。例えば、貴方が既婚者だとしよう。そして職場の人間、友人、またはネット関係のみの友人等、配偶者以外の人物に不覚にも配偶者以外に好意を持ってしまったとする。だが、自分には決まった相手がいると言い聞かせた貴方は心の中だけでその人を想う事を貫いた。不貞行為はおろか、必要最低限の会話しかしていない。

 

  そこで本題に戻ろう。これは浮気になるのか?

 

  私はこれを第三者に告げる事も無く、普段通りに配偶者を愛し、本人以外誰も知らないのであるのなら浮気では無いと言える。だが、第三者に話してしまった、配偶者を邪険にしてしまう等が起これば、これはもう浮気と言えるかもしれない。皆はどう考えるだろうか。