読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カムの徒然なるままに

好きなものを好きなだけ

実況者は芸能人になるのか

  

 某超有名のYoutuberが炎上しましたね、はい。こういった件が起こる度に私がよく耳するのは「謝罪動画って…芸能人じゃないんだし」といった声です。その度に私は果たして実況者は芸能人と言えるのかどうかという疑問を抱いていたので、それを個人的に解釈したものを書き綴ろうと思います。

 

 そもそも芸能人とは一体何なのか。調べてみた所、芸能を職業とする人。本来「観客の前で芸を披露することをなりわいとする人々」を指すらしい。

ふむ、これだけ聞くとYoutuberや実況者も芸能人ではないのかと思えてしまう。それなのに一括りにするには違和感を感じてしまうのは何故なのだろうか。

 

 考えた結果、そもそも実況者と芸能人には大きく違いがある事に気付いた。実況者は得意分野とする物を撮影し、編集して視聴者の元に届けるクリエイターである一方、事務所や大衆によってつくられたキャラ(自分)を商品価値としているのが芸能人なのだ。

 

 だがしかし、クリエイターがあまりにも人に知られ、様々な企業を介した時はどうなるのだろう。クリエイターと商品の境界線が非常に曖昧になっている様な気がする。それが今回、某超有名Youtuberの謝罪動画に繋がってるとも言える。本来なら当人達で済ませば良い事を世間に知らせ、世間に謝るのは商品価値として傷ものにしてはならないからであろう。まぁ、今回の炎上は少しのダメージはあるものの、守られている力が大きいあの方の被害は少ないだろうな。

 

さて、話は逸れたが、これから芸能人の界隈も実況者の界隈も大きく変わり、いつしかバランスが無くなるのかもしれない。私的には新たなる実況者達が様々な活躍してもらえる世界を期待している訳だが…。

 それじゃあ、私的にも疑問に対する個人的な答えが見つかった所で、話を終わろうと思う。